脂肪冷却マシン 間隔

脂肪冷却には間隔が必要?

脂肪冷却には間隔が必要?

エステに通う場合、痩身コースによっては間隔をあけた方がよいもの、逆に週に2〜3回通った方がよいものなどがあります。
脂肪冷却の場合はどうなのでしょうか。
脱毛サロンだと、毛の毛周期がありますので、その間は脱毛をしない方が効率的ということで、年間で通う回数はたったの4回程度です。
では、脂肪冷却は?

 

 

実は、脂肪冷却の場合は同じ部位を行うには3週間から1ヶ月程度の間隔をあけた方がよいのです。
その理由は、冷やした脂肪が体外へ排出されるのに3週間から1ヶ月くらいの期間が必要だからということ。
そのため、同じところの脂肪を冷却する場合は、きちんと間隔を空けた方が効果も出るということなのですね。
ただ、月に1回でよいのは魅力ある意味魅力的な気がします。
忙しい人でも、60分の施術を月に1回であればそこまで負担にはならない気がします。

 

脂肪冷却の間隔についてお話したので、おまけ話をひとつ。
実は、脂肪冷却はたくさんの部位をいっぺんに行うと、身体(特に腎臓)への負担がかかりますので、あまり何か所も施術を行わない方が効果の出方もよいそうです。
できれば、1部位。
多くても2部位くらいまでにしておいた方がよいそうです。
また、脂肪冷却はメスを入れないからといって身体への負担がまったくないわけではありません。
やはり、50分〜60分、同じ部位を冷やすことは、身体へも負担はかかってくるわけです。
そのため、いくつかの部位の冷却を希望する方でも同日に何時間もかけて行うのではなく、別の日に分けて施術を行うこともあります。

 

脂肪冷却は副作用があまりないのが魅力ではありますが、施術を受けられない方もいるのです。

 

・皮下脂肪が少なく、冷却できる基準に満たない人
・寒冷じんましんが出る人
・ペースメーカーを使用している人
・妊娠中や授乳中の人
・施術したい部位に皮膚炎、皮膚疾患がある人
・重度の高血圧の人や糖尿病、肝炎を患っている人

 

など、意外にも受けられない人がいる…。
特に、最近は寒冷じんましんの人も増えてきています。
私も症状は軽いものの、もしかしたら受けられないかもしれません。

 

間隔はクリアできそうなのに、受けられないなんてちょっとショックですが、まずはお試しでサロンスタッフに聞いてみようか悩んでいるところです。
とはいえ、近くにサロンがないので、もう少し先の話になってしまいそうですが。


ホーム RSS購読 サイトマップ